記事

校長通信

4月18日(木)体育科対面式

  本日3時間目に体育科の対面式を行いました。2・3年生が自校体操を披露し、1年生が周りで見ています。圧倒的な声量と独特なリズムの体操をみて驚いたと思います。早く、自校体操を覚えるようにしましょう。

4月15日(月)PTA・後援会新旧理事会

   本校会議室でPTA・後援会新旧理事会を開催しました。5月10日(金)のPTA・後援会総会の議案を確認しました。退任される方々には本当にお世話になりました。今後とも大宮東高校を応援していただければと思います。また、新しく理事になられた方々には、様々なことにご協力をいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

4月12日(金)本校生徒が1日警察署長に(埼玉新聞掲載)

 大宮東警察署は、4月6日(土)に事故防止を促そうと本校生徒2名に1日署長を委嘱し「ヨークマートハレノテラス東大宮店」で、啓発品を配布し事故防止を訴えました。また、ダンス部も演技披露し会場を盛り上げました。大宮東署管内の交通事故は決して少なくないので、今後も呼び掛けていくそうです。

 

 

4月8日(月)第45回入学式

 午後から、第45回入学式を行いました。普通科238名、体育科80名の新入生を迎えました。私からは、①高校3年間での最大の目的は進路を決めること。そのためには、日ごろの授業がたいせつであること ②自己管理能力を高めること。特に時間管理が重要であること。 ③様々な目を持つこと 時には、他人の目、鳥の目、虫の目などになり、客観的に自分が見れる世になること について話をしました。新入生の皆さんは、大宮東高校に慣れるまで、緊張した日々が続くと思いますが、一つ一つ学んでいってください。その際、決して飛ばさずに、スロースタートで取り組んでください。

4月8日(月)着任式・始業式

 令和6年度がスタートしました。私を含め、本年度から着任した職員がステージに上がり、2・3年生に自己紹介しました。1日も早く、大宮東高校に溶け込めるようにしますのでよろしくお願いします。

 その後、始業式を行いました。私からは、①目標をしっかり立てること ②チャレンジ精神を持つこと ③立ち止まって行いを考えること について話をしました。生徒の皆さんはしっかりと聞いていました。新学年頑張ってください。

退任のご挨拶

 来る3月31日をもって、校長を退任することになりました。

 令和3年から、校長として3年間勤務させていただきました。着任からの2年間は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大と重なり、学校行事等も中止せざるをえないものも多く、生徒の皆さんには残念な思いをさせてしまい、申し訳なく思っています。そのような状況の中でも、生徒の皆さんは、ひたむきに前を向き、我慢と工夫を重ね、それぞれの高校生活を過ごしてくれました。そんな大東生を非常に誇らしく思っています。今後も感染症やあらゆる社会変化に柔軟に対応し、思う存分学習や部活動に励みながら、文武両道を貫き、高い規範意識を持ち、社会に貢献しうる人物となるよう大いに期待しております。

 保護者の皆様、本校卒業生の皆様、地域の皆様、関係者の皆様、この3年間、様々な場面におきまして皆様からご支援、ご協力をいただきましたことに厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。

 大宮東高校の生徒の皆さんのますますの活躍と大宮東高校の更なる発展を祈念いたしまして、退任の挨拶といたします。ありがとうございました。

                            令和6年3月29日

                               校長  上 條  岳

令和5年度 修了式 講話

 令和5年度、最後の登校日です。振り返るとあっという間の一年間。今は1・2年生が並んで座っている。新年度は新入生が入学し、さらに学年の列が増える、1年ごとに列がずれていく、学校はこれを繰り返し、その1年1年を積み重ねていって社会に出ていくことになる。大切な節目の日です。

 本日は、私が3年前、大宮東高校に着任して最初の始業式に生徒の皆さんに伝えた話をして締めくくります。

 まず1つ目は、「縁」を生かす。人と人との「縁を大切にしてほしい」と言うことです。一期一会とよく言います。ありきたりですが人と人の出会いは不思議なものです。たまたま、埼玉県内各地から通ってきている生徒たちです。隣同士や前後左右に仲間がいます。たくさんの人々がいる中での出会った貴重な「縁」です。皆さんにはまだ体験がないかもしれませんが、「この人に出会って人生が決まった!」とか。「あの先生の一言で頑張れた」、「この人との出会い、会話が自分の心に火をつけた!」という場面が今後きっとやってきます。すぐに答えは出ないかもしれないが、何年後かに思い出すときもある。出会った「縁」を大切にして、「他者を認め・敬い、人を思いやる気持ちを常に持ち続け、行動する」こういった気持ちを持ち続けて行動することができれば、私は、あらゆる社会生活に順応できると考えます。しかし時として、苦労して人との絆を積み上げても、もろくも一瞬で崩れる時もある、残念で寂しいが、そういった時もぐっと気持ちをこらえて、我慢して生活しなければならない時もある。繰り返しになりますが、人と人との縁を大切に生活してほしい。

 2つ目は、「意志あるところ道は開ける」です。私の好きなこの言葉は、私の高校の時の3年間担任だった先生が常に話されていた言葉です。「強い意志を持って行動し、道を切り開いて行け!」と、常に話されていました。スポーツに限ったことではなく、「夢」や「想い」を実現したい、何かを成し遂げたい、と強く思う時、それを現実にするのは、やはり、自身の強い意志が必要です。決してぶれない信念を持つ。「仲間だこうしているから、私もこれでいいや」とか、「人がするからそうしておこう」ではなく、自らの「強い意思」をしっかり持つことが大切です。高校を卒業すればいやがうえにも、社会に巣立つことになります。「意志あるところ道は開ける」、自らを律し、強い意志を持って主体的に行動できる人になってください。

 最後に、1点加えます。ソーシャルメディア、いわゆるSNSが広く普及したことでの、問題投稿が広範囲に瞬時に拡散し、投稿者の軽はずみな言動が多くの人々を傷つけ、取り返しのつかない事態が起きていることは皆さんも知っていますね。気の合った仲間と他人の投稿を共有しただけなのに、連鎖的に投稿の共有が行なわれた結果、瞬く間に広範囲へ「拡散」する状況がある、これは、若者だけではなく、私たち大人のSNSを取り巻く言動も慎重にしなくてはならない。ネットリテラシー、インターネット等を正しく使うことについては誰もが正しいい活用が必要。繰り返すが、人と人の信頼関係に基づく仕組みを、根底から揺るがす迷惑行為はあってはならない。些細な行動や軽はずみな言動によって、簡単に相手を傷つけかねません。皆さんには、仲間や集団、人に対する思いやりの気持ちを持ち、よりよい人間関係を築いていくことを期待しています。

 長期の休業に入ります。大切な家族や仲間のためにも感染防止対策を続けてください。さらに、事故に遭わない、事故に巻き込まれないように、自覚と責任ある行動を取るように切に願います。

                             R6.3.22 学校長 上條 岳

第42回卒業証書授与式 式辞

 昨日の雪まじりの天候や本日も冷たい風が吹く中ではありますが、今年も新たな希望に満ちた春が巡ってまいりました。本日ここに、本校PTA会長様、後援会長様をはじめ 多くの保護者の皆様のご臨席を賜り、埼玉県立大宮東高等学校 第42回 卒業証書授与式が、挙行できますことに、心から感謝申し上げます。

 ただいま、普通科214名、体育科76名、合計290名の卒業生に卒業証書を授与いたしました。皆さんのそれぞれの表情の中に、「文武両道」の校訓のもと、学習や部活動に熱心に取り組み、三ヵ年の教育課程を修了した満足感と達成感を伺うことができました。

 授与した卒業証書に、大切な二つの日付が入っています。

 一つ目の日付は、皆さんの生年月日です。もちろん皆さんは覚えているはずはありませんが、ご家族の方は皆さんが生まれた日のことをしっかり覚えています。あなたが生まれたことを、家族全員で喜び、心から愛し、大切に思い、今日まで育ててこられました。だから、お渡しした卒業証書はご家族のための物でもあります。大切にしてください。もう一つの日付は今日の日付です、今日は高等学校の課程の修了が証明され、社会に出て、自らの力でたくましく生きていく大きな節目となる日付です。

 明日からは、県内唯一の普通科と体育科を有し、「文武両道」の伝統を貫き、多くの卒業生が築き、支えてきた大宮東高校の卒業生の一人になります。これからも本校発展の為に力を貸してください。

  さて、皆さんの中学校生活の終盤、それぞれに充実した学校生活を送る夢を描いていた時期に、未知の感染症は容赦なく襲いかかりました。「日常」が「非日常」へと変わり、「新しい生活様式」を余儀なくされ、大きな社会変化の波にのまれ、活動自粛・活動制限と言った、様々な制約の中で高校生活を送ることとなりました。そのような中でも皆さんは、「新しい生活様式」を受け入れ、学習や部活動において「真面目に全力で何事にも一生懸命取り組む」という本校の良き校風をあらゆる場面で体現してくれました。しかし、時には思い悩み、全てを投げ出したくなったこともあったかもしれません。そんな時には必ず誰かが寄り添い言葉をかけてくれたのではないでしょうか。それは、友人や先輩、後輩、家族の皆さん、そして先生方など、取り巻くすべての人々であったはずです。それは、すべての人たちにとっても、皆さん一人一人がかけがえのない、大切な存在だからです。ここ数年における、新たな感染症まん延の時期に、皆さんは、「お互いがお互いの存在を認め、支え合っていると言う、社会の根本的な在り方」をこの大宮東高校でより深く、確かに学びました。また、予期せぬ自然災害も起こり、私たちは、その教訓からも多くのことを学び今後の生活に生かしていく必要があります。

 誰もが穏やかに新年を迎え、「新たな年に希望を持とう」、と考えたであろう1月1日に、能登半島を中心とした地域でM7.6の大地震が発生しました。明後日、11日は、これまでわが国が経験したことのない大規模な地震と津波、原発事故が複合した大災害、「東日本大震災」発生から13年となります。当時も今も、この地震という自然の猛威に、何ら抗うこともできずに、なすすべなく叩きのめされましたが、多くの人々は、やり場のない怒りを他者へ向けることなく、愚直にひたむきに、手を携え、人命救助、復旧・復興に取り組み、能登半島の皆さんは今も強く逞しく、助け合って生活されています。この大きな災害から復興している震災地域の方々と同様、皆さんの高校3年間における、「苦境」や「逆境」から学んだ経験は貴重な財産となります。今後の生活の中で、その経験を生かすことが出来れば、必ずや豊かな人生が約束されるに違いありません。東日本大震災で大きな被害を受け、避難所として利用されていた体育館の中で行われた、宮城県のある中学校の卒業生生徒代表の答辞の一節を紹介します。

「辛くて、悔しくてたまりません。時計の針は14時46分を指したままです。でも時は確実に流れていきます。生かされた者として顔を上げ、常に思いやりの心を持ち、強くたくましく生きていかなければなりません。命の重さを知るには大きすぎる代償でした。しかし、苦境にあっても天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていくことがこれからの私たちの使命です」と。卒業式の参加者はもちろん、避難されていた地元の方々も自然の猛威に無力さを感じ、誰もが、その苦しい状況に明日への希望も失いそうになることもある中での答辞の一節、全文ではありませんが、心打たれる言葉です。心が折れそうになったり、望みを失いかけた時などは、この中学生の答辞にある「苦境にあっても天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていく」を心に留めたいものです。

 未知の感染症や災害に加え、AI技術の進化に伴うデジタル社会を迎えた現代の社会状況は一層混とんとし、私たち大人が、大きな課題を持ち越してしまったことを深く反省しつつ、その解決を君達若者へと託さざるを得ません。この3年間で感じたとおり、これからの社会も、理不尽な出来事や、思いもよらぬ事態に遭遇し、予測できない変化の激しい時代を生きていくことになります。前例や明確な正解もない、多様な価値観の中で、人々が共に生きていく社会です。皆さんが進む未来や社会は、決して希望に満ちた明るいものとは限りませんが、今後、心豊かで平和な住みよい社会へと変えていく使命が託されているのと同時に、一度きりのかけがえのない自分自身の人生を、豊かで充実したものにしてほしいと願い、餞の言葉を送ります。それは、「学び続ける心を持つ」と言うことです。「勉強」や「学習」という言葉からは「やらなければならないもの」という受け身の印象があります。しかし、それを「学びとる」いう言葉に言い換え「自己を高めるための積極的な行為」と能動的に捉え考えてほしい。人は元来、「出来なかったことが出来た時の喜び」や「知らなかったり、わからなかったことが理解できた、知る喜び」を欲し、自己を高めることに喜びを見出しながら成長していきます。また、「学ぶ」ということを「知識を得る」と捉えたとき、あるテレビドラマのセリフに、『「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差が出る。つまり、「知らない」ということは恐ろしいこと。逆に知識や情報を「知る」ということは、幸せをもたらす強力な武器となる』とありました。今後、皆さんはそれぞれの道に進みます。大学や短大、専門学校で多様な知識や技能を「学び」、あるいは、民間企業や公務員として実社会に進み、新たな知識や技能を習得する「学び」もあります。「学び」は一生続きます。いかなる境遇にあっても、「学び」に終わりはなく、「知識はないよりあったほうが、より生きやすくなる」のは当然のことです。繰り返しとなりますが、変化の激しい社会は続き、環境問題や貧困、地域紛争など、簡単に答えを見い出すことは益々困難になります。そのような時は『他者との対話や協働によってその時々の「納得解」「最適解」を見つけていく』ことが必要となります。この先、新たな課題に直面した時でも、皆さん一人一人が、今現在、持ち合わせている「知識」や「技能」を総動員して、その時々の最良の判断で人を思いやり、真心をもって人に尽くす行動が不可欠であり、その根幹にあるのは「深く確かな学び」です。やがて到来すると言われる「人生100年時代」に向けて「自己を高めるための積極的な行為」として「学び続ける心を持つ」この言葉を餞の言葉とし送ります。

 校長として、皆さんにかける、最後の言葉になります、私は、縁あって君たちと3年間を共に過ごしてきました。各大会で活躍する姿や、行事等に一生懸命取り組み、日々成長する姿に立ち会うこともできました。一方で、時には苦言を呈し、厳しく教え諭す事もありました。そのすべてが、私にとってこの上ない機会であり、喜びであり、君たちを誇りに思い、どれも素晴らし記憶として心に刻まれています。やがて来る、それぞれの交差点で、迷い、立ち止まることもあります、それでも人はまた歩き出します。道に迷った時は振り返ってみてください、歩いてきた道はあなたの後ろにずっと続いてるはずです。その道がこれから先、どこに行くべきかきっと教えてくれます。時には遠回りもいいものです、見えなかった景色が見れたり、気づかなかったことに気づいたり、新たな出会いもあるかもしれません。皆さんの人柄なら、応援し、支えてくれる人たちにきっと出会えるはずです。いつまでも変わらぬ、皆さんのその笑顔が、一層輝くように、皆さんの明日が、一層晴れ渡るように、ずっと祈り続けています。手探りでいい、ゆっくりと、「幸せな人生」へと歩みを進めてください。

  保護者の皆様、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。大切に育ててこられたお子様の立派に成長された姿に感慨もひとしおのことと存じます。感染症等の影響により、学校生活内外における計り知れぬご苦労があったかと存じます。しかし、お子様が見せる一瞬のその笑顔に、喜びと感動があり、私たち教職員も、日々の成長に寄り添うことで、多くの感動と勇気を得ることができた3年間でした。大宮東高校での高校生活を経て、お子様は心身ともにたくましく、頼もしい成人へと成長されました。どうか輝ける前途を温かく見守り、これからも支えていただきますようにお願いいたします。3年間にわたり、本校の教育活動推進に、温かいご支援と多大なるご協力を賜りましたことを、心から厚くお礼を申し上げます。今後も引き続き、お力添えのほど、よろしくお願いいたします。

  終わりに、羽ばたく卒業生の皆さんの限りない幸せをお祈りするとともに、保護者の皆様の一層のご健勝とご発展を祈念いたしまして、式辞といたします。

            令和六年三月九日   埼玉県立大宮東高等学校 上條 岳

「埼玉県体力向上優良校」表彰 受賞

 この度、体力向上に関する取組に特に優れた成果をあげた本校に対して、県教育委員会から「令和5年度体力向上優良校」表彰を受けました。

 開校以来、普通科・体育科とも、「文武両道」の建学の精神の下、日々の学習及び体育授業、部活動に真摯に取り組む姿勢に対する評価をいただいたものと考えます。

これからも建学の精神のもと、引き続き精進してまいります。   R6.2.22 学校長  

  

全校集会校長講話

 年が改まり、早いもので1月も終わります。年末からインフルエンザが猛威を振るい、本校でも学級・学年閉鎖がありました、やや落ち着いてきてはいますが、念のためリモートでの集会としました。意図を十分に理解してください。

 二点話します。

  一点目は、「日々の生活と日常に感謝する」です。

 報道にあるとおり、誰もが穏やかに新年を迎え、「さあ、新たな年に希望を持とう」と考えたであろう1月1日に、能登半島を中心とした地域でM7.6の地震が発生しました。現在、死者236人、負傷者1,523人、住宅被害が約2万棟、避難者約15,000人という大災害です(1/29現在)。日々、その被害状況がニュースで流れています。愛する家族全員を一瞬で失い、たった一人残され呆然とする父親。間一髪家屋の倒壊と土砂崩れから逃れた人々の映像など。自然災害は容赦なく人の命と財産を奪いました。また、先日、私の人生に大きな影響を与えたくれた方が病に倒れ、亡くなりました。人生100年と言われるこの時代、まだ69歳の方でした。無念で、残念で、悔しい、いまだに信じがたく、気持ちにぽっかりと穴が開いています。皆さん、世の中にはまことに理不尽なことが多くあります。生きたくても生きられない、自らの意思では運命を変えられないことがこんなにも多くあるのだと痛切に感じました。そう考えると、日々、生活している中で、多少辛いことや悲しいこと、悔しいことなどがあっても、平穏で穏やかな日常生活がいかに尊いものであるか、地に足をつけ、歩き、走り、親しい仲間との他愛もない会話や関り合いを持ちながら過ごすことが大変貴重なものであることがわかります。皆さん、どうか「日々の生活と日常に感謝し」一日一日を大切に精いっぱい過ごしてください。

 二つ目は、「公共のモラル」についてです。

 6月の全校集会で「清掃・掃除」について話し、問いかけました。日本では、小学校から高校まで、皆さんが過ごす学校のスペースを生徒自ら掃除し、その掃除は立派な教育活動の一環となっていると話しました。覚えていますか。実は先日、「トイレの備品が明らかに壊されているようだ」との報告がありました。決して皆さんのせいに決めつけたり、「誰がやった」とかではなく、「偶発的に壊れた」かもしれません。もし、偶発的なことで、気づいたならば申し出てほしいし、意図的にその行為をしたなら、それはあってはならない。1・2年生の皆さんは入学時から今のトイレで生活しています。皆さんが使用しているトイレは3年前の夏休みから秋にかけて大規模な改修を行い今に至ります。それ以前は「学校の古めかしいトイレ」といった印象でした。その改修が終了したとき、私は、「多くの生徒が快適に過ごせるな」と嬉しく思ったことを今でも思い出します。日本では、学校に限らず、公共の多くの人が使う施設やスペースを誰かが掃除し、時には修理し、快適に使用できるようにする考えが、他国に比較して大いにあると考えます。以前に話したとおり、県立学校は私立学校のように一気に改修工事や最新の設備に随時更新することがなかなか困難な状況にあり、汚れたり壊れたら取り換えればいいじゃないかとはいきません。したがって、皆が使う教室や施設、多くの人たちが使用する特に公共の場は正しく丁寧に使用し、みんなで手入れをしていくことが大切です。どうか、人や物事に自分の力を尽くせる人であってほしいと願います。誰も見ていないような小さな行いも、きっと誰かが見ています。そしてやがてその行いは自分に返ってきます。皆さんならきっと実行できるはずです。「公共のモラル」を一層高めてください。

 最後に、引き続きインフルエンザ、新型コロナウイルス感染症についは、細心の注意を払う必要があります。何度も繰り返していていますが、自分のため、家族のため、仲間のため感染症の蔓延を防ぐことが大切です。マスクの着用・手洗いうがい・十分な換気・密を避けることなど、基本的感染予防の徹底が必要です。引き続き毎日の健康観察。発熱等の風症状がみられる場合は登校を控えるなど、感染症対策の徹底をお願いいたします。

 この3学期もあとわずかです、一番の基本は、身体も心も健康であるということです。一日一日の積み重ねを大切にして、一人ひとりが、希望を胸にはつらつと乗り切れるよう心から期待しています。

                              R6.1.31  学校長