活動報告

カテゴリ:活動報告

8/16 引退式(バドミントン女子)

8/16 15:00~ 本校体育実験室にて引退式を行いました。

大学でバドミントンを続ける者、高校で第一線から去る者、今後はそれぞれの道になります。

今まで一緒に苦楽を共にした仲間は、一生の宝物です。

バドミントンを通して培ってきたものを大切にし、3年生は進路希望が叶うよう頑張ってほしいと思います。

 

明日からは新体制となります。

22日(土)から新人戦南部地区大会(個人戦)が始まりますので、まずはそこで結果が出せるよう日々努力し続けますので、今後も大宮東高校バドミントン部の応援よろしくお願いします。

8/16 【シングルス】3年学総体 結果(バドミントン部女子)

昨年度の新人戦ベスト16以上の者だけが参加資格が与えられた今大会。本校からは加藤のみの出場でした。

コロナウイルスの影響で出場辞退する学校もあり、参加者7名の大会となりました。

県ベスト16以上の選手だけになるので、1回戦からどの試合も気が抜けない緊張感のある試合でした。

加藤も善戦したものの、あと一歩及ばず、ベスト8で大会は終了となりました。

 

コロナウイルスの影響で大会がほとんどなくなり、先行きが見えずモチベーションが上げづらい中での部活動は精神的にもつらいものがあったと思います。

そのような中でも1・2年生を引っ張ってくれた3年生には感謝しかありません。

進路が決まり、時間に余裕があれば、ぜひ後輩の指導に来ていただきたいと思います。

8/15 【ダブルス】3年学総体 結果(バドミントン部女子)

前日の地区予選に続き、県大会が開催されました。

本校からは、県シードの加藤・笹島組、地区1位通過の長澤・秋山組、地区3位通過の藤原・小橋組の3ペアが出場しました。

組合せの結果、2回戦で同校対決となってしまい、残念ではありましたが、最終的な結果としては、加藤・笹島組が3位長澤・秋山組がベスト8、同校対決で敗れてしまった藤原・小橋組がベスト16となりました。

どのペアも大宮東の選手らしく、最後まで一生懸命シャトル追いかけました。

8/16に行われるシングルスは、昨年度新人戦ベスト16以上の者しか参加できないため、ほとんどの3年生が本日で引退となります。3年間、本当にお疲れさまでした。

 

8/9 清水望選手(日立化成)来校

先日の高畑選手に続き、清水望選手(日立化成)が母校訪問してくださいました。

暑い中、何試合も相手をしていただき、とても充実した練習になりました。

また、後輩へのアドバイスもとても熱心にしていただき、良い刺激を受けました。

最後の集合写真も快く引き受けていただきました。

また、来ていただくその日の為に、今後も日々練習に取り組んでいきます。

 

8/6 高畑祐紀子選手(YONEX)母校訪問(バドミントン部女子)

高畑祐紀子選手(YONEX)が母校訪問されました。

ご自身の練習でもお忙しいのにもかかわらず、コロナ禍でインターハイや関東大会がなくなってしまった後輩たちの為に駆けつけてくれました。

世界で戦っている選手を目の前に、当然ながら現役生たちはやや緊張気味でした。15時~19時の4時間、一緒にプレーしてもらい、気さくで優しく接していただいたおかげで、とても有意義な時間を過ごすことができました。ゲーム練習をした一人ひとりに真剣に向き合い、細かなアドバイスもしていただけました。

練習後には写真撮影やサイン会など、後輩たちのために夜遅くまで対応していただき、微笑ましい光景が垣間見えました。高畑選手の御厚意によりサイン入りユニフォームも頂きました。

 

今後の更なるご活躍を大宮東高校バドミントン部一同、期待しております。

ありがとうございました。

 

活動再開

6月22日(月)より週3日程度、1回1時間程度という制限の中で活動していきます。

コロナウイルスの影響で臨時休校が続き、部活動は3か月以上活動を停止していました。

関東大会やインターハイも中止となり、3年生にとっては悔しい結果となりましたが、残りの限られた時間を全力で取り組んでいきます。

 

22日(月)には活動再開に伴い埼玉新聞社の取材もありました。今後もコロナウイルス感染拡大防止に努めていきます。

6月23日付 埼玉新聞