連絡

埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年5月号

◆埼玉県ネットトラブル注意報  平成27年5月号「犯行予告の書き込みについて」


インターネットの掲示板サイトやSNSなどに、殺人や爆破などの犯行予告が書き込まれることがあります。こうした書き込みは事件として扱われ、警察の捜査対象になります。なかには、児童生徒が犯行予告を書き込み、加害者として逮捕された事件もあります。


【実際の犯行予告】
2014年の2月に、高校2年の男子生徒が、Twitterに爆破予告を書き込み、書類送検されるという事件がありました。男子生徒は、動機について、「Twitterで有名になりたかった。フォロワーを増やしたかった」などと話したとのことです。


【書き込みの動機と影響】
このように、児童生徒が犯行予告を書き込む動機には、有名になりたかった、世間がどのくらい騒ぐか見てみたかった、ストレス発散のため、などといったものが見られます。
しかし、爆破予告や殺人予告などが書き込まれると、警察が特別な体制をとって警備にあたらなくてはならなくなったり、犯行予告をされた企業や公共機関が通常の営業が行えなくなったりするなど、周囲に多大な影響を与えてしまいます。そのため、実際に犯行を行うつもりがなくても、威力業務妨害や偽計業務妨害などの罪に問われたり、場合によっては、業務上被害を受けた企業などから損害賠償を請求されたりする可能性もあります。


【対策】
こうした書き込みを防ぐためには、「犯行予告は、実際に犯行を行うかどうかにかかわらず犯罪として扱われる行為であり、自分の将来や家族にまで大きな影響を与えてしまうものである」ということを、正しく理解させる必要があります。
また、掲示板やブログなどのサイトは、匿名で投稿できるため、何を書き込んでも投稿者が特定されることはない、と誤解している児童生徒もいるようです。しかし、インターネットへの書き込みは、いつ、どこで、どの機器から書き込まれたものか、という記録が必ず残ります。例え匿名で書き込まれたものでも、投稿者を特定することができるのです。
インターネットの書き込みであっても、自分の発言に責任をもたなければならないということを、指導していくことが大切です。


埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年4月号

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年4月号「個人情報を書き込むことの危険性について」

インターネットには、個人情報に関する書き込みが多くあります。そのような書き込みの中には、児童生徒によって書き込まれたものもあり、ネットパトロールの際に、顔写真を掲載したものや、本名・学校名などを書き込んだものなどをよく目にします。このような書き込みが原因で起こるトラブルは少なくありません。

【個人情報がもたらすトラブル】
インターネットの書き込みは、誰でも見ることができます。書き込みを見ている人の中には、悪意をもった人物も少なからず存在しています。本名や学校名がこのような人物の目に留まることで、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
例えば、以下のようなトラブルが考えられます。
・載せられた学校名と顔写真で、学校の前で待ち伏せされたりつきまとわれたりする。
・メールアドレスを書きこむことで、迷惑メールやウイルス等が送られてくるようになる。
・書き込んだ氏名や学校名などをもとに、自分になりすまされる。
これらは、実際に起きているトラブルの、ほんの一例です。

【なぜ個人情報を書き込むのか】
そもそも、児童生徒はなぜ、インターネットに個人情報を書き込むのでしょうか。一つには、実生活における友達との交流をインターネット上でも同様に行うために書き込んでいるケースが考えられます。友達に自分の書き込みを見つけてもらうために、詳細な個人情報を書き、目印にしているのです。また、インターネットを通じて新しい友達をつくるために書き込んでいる場合もあります。こちらの場合は、自己紹介として個人情報を書き込んでいます。

【本人が意図していないケースも】
最近では、写真や動画から、意図せず個人情報を漏らしてしまうケースも発生しています。
例えば、学校帰りに駅前で撮影した写真をインターネットに載せたところ、その駅の周辺にある学校のホームページを調べられ、身に着けていた制服からどこの学校の生徒なのかということを突き止められてしまう、といったことも起こっています。

【指導のポイント】
まずは、悪意をもった人物の存在を意識させることが大切です。インターネットは、自分たちだけが使っているわけではない、自分が書いた情報を、誰かに悪用されてしまう可能性があるのだ、ということを、児童生徒が理解することが重要です。また、写真や動画をインターネットに掲載する際は、背景などにも気を使い、特徴的な建物や住所が書かれた看板などがうつっていないか、部屋の中で撮影する場合は、賞状や手紙などがうつっていないかなど、事前によく確認する、ということも大切です。一度インターネットに書き込んだ情報は、あとから削除することは非常に困難です。書き込む内容は、誰に見られても構わないもの、消せなくなっても構わないものだけにするよう、使い方を見直させることが肝心です。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

埼玉県ネットトラブル注意報 第12号

◆埼玉県ネットトラブル注意報 第12号

ニュースで事件が報じられた際、犯人を推測し、真偽不明のままその人物の氏名や顔写真、住所などの詳細な個人情報がインターネット上に拡散され、騒ぎになることがあります。個人情報の無断掲示は、最悪の場合、プライバシーの侵害や名誉毀損に当たる恐れがあります。

【相談件数が過去最大に】
法務省の調べによると、平成25年のインターネット上における名誉毀損やプライバシーの侵害に関わる人権問題の相談件数は、平成16年の同件数に比べて約6倍の4,320件であり、過去最高の件数となっています。
【名誉毀損の例】
ある犯罪事件について、事件とは無関係のAさんを加害者の親族であるとして、氏名や職場の情報がインターネット上に拡散された事例があります。
個人情報を拡散された後、Aさんのもとには、連日「死ね」といった中傷が相次ぎ、不安で眠れないなど、日常生活にも支障がでました。
拡散の情報源となった人物は、Aさんが被害届を提出した後、名誉毀損の疑いで書類送検されています。
【トラブル対策】
児童生徒には、インターネット上で氏名や顔写真、学校名、住所、メールアドレスなど個人を特定できる情報の書き込み、および第三者が書き込んだ個人情報のコピー・転載は、取り返しがつかない事態を引き起こす危険性があることを理解させる必要があります。
また、無責任にうわさを広める行為は、相手を傷つけるだけでなく、うわさを信じた人々に家に押しかけられたり、人目が気になり外出できなくなったり等、インターネット上だけでなく、現実の生活に影響を与えてしまう危険性もあります。誰もが加害者や被害者となる可能性があり、決して他人事ではないことをしっかりと教える必要があります。
書き込みをする前に、相手の立場に立って、書き込む内容を考えさせるようにしましょう。

埼玉県ネットトラブル注意報 第11号

◆埼玉県ネットトラブル注意報 第11号
■インターネットとマルチ商法
インターネットがマルチ商法などの悪質商法に利用されてきており、特に若者からの被害相談が増えています。
マルチ商法(連鎖販売取引)とは、加盟者が新規加盟者を誘い、その加盟者がさらに別の加盟者を誘引するという連鎖により被害を拡大する仕組みのことです。

■相談状況と手口
埼玉県の消費生活センターには平成25年度に458件のマルチ・マルチまがい商法の相談が寄せられ、そのうちの43.4%が20代以下の若者からでした。
SNS等で意気投合した相手から「必ず儲かる」と勧められ、借金をして数十万円の投資をして学習用DVDなどを購入した。友人を紹介するとマージンが入ると言われたが全く儲からず、借金の返済負担が大きく解約してお金を返してもらいたいといった相談が寄せられています。この相談内容を例にとって考えると、SNS上で知り合った相手を安易に信用し、必ず儲かるという話を鵜呑みにしてしまった点に問題があるといえます。

■なぜ若者が狙われているのか
インターネットの普及がマルチ・マルチまがい商法の手口に大きく影響を与えたわけではありません。ですが、インターネットを通じて、簡単に大人と若者がコミュニケーションを取れるようになったため、大人に比べて社会経験が乏しい若者が悪質商法や犯罪などの標的にされやすくなったと考えられます。

■被害にあわないために
インターネット広告やSNSで知り合った相手のプロフィールは、必ずしも事実であるとは限りません。よって、児童生徒に対しては、インターネット上で知り得た情報を鵜呑みにしないことやネット上の付き合いだけの相手方を安易に信用しないことを理解させる必要があります。また少しでも何か困ったことがあれば、周りの信頼できる大人に気軽に相談できる環境を整えておくことも重要です。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

埼玉県ネットトラブル注意報 第10号

 ◆埼玉県ネットトラブル注意報 第10号
 この時期になると、部活動や受験も一段落して、一息ついている児童生徒も多くなってくるのではないでしょうか。同時に、時間と気持ちに余裕ができた児童生徒が、インターネットに悪ふざけをした自慢や、他人をおとしめるような心無い投稿をしてしまわないか心配になる時期でもあります。

 【心無い投稿とその後の影響】
 ある学生が電車内に偶然乗り合わせた男女を無断で撮影し、中傷するようなコメントと共にその画像をSNS上に投稿したところ、多くのインターネット利用者の目に留まり、投稿した学生は氏名や学校名など個人情報が特定され、「炎上」騒ぎになったという記事が平成26年の12月に発表されました。
 このような騒ぎになると、投稿した人物が被る影響はインターネットの中だけには留まりません。例えば、学校に苦情が殺到して厳しく指導されることや、進学や就職など進路を決定する様々な場面で悪影響がある可能性もあります。
 「人の噂も七十五日」とは言いますが、インターネットへの軽はずみな投稿は永久に消ないこともあります。これにより生じる不利益が、人生を変えてしまうほど影響してしまう恐れもあります。

 【Twitter炎上に対する注目の高さ】
 総務省の調べによると、検索エンジン「Google」における、「Twitter炎上」の日本での検索頻度は、平成22年頃より徐々に増え始め、平成25年から急激に高まっているという結果が出ています。

 インターネットの投稿は、いつどこで誰が見ているかわかりません。
 そのような状況の中で児童生徒には、インターネット上でのコミュニケーションは世界中から見られていること、また、投稿した内容一つで将来にまで影響を及ぼしかねないことを認識させることが重要です。

 埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

埼玉県ネットトラブル注意報 第9号

埼玉県教育委員会より以下のとおり通知がありましたので掲載します。

◆埼玉県ネットトラブル注意報 第9号

【不審なメール~フィッシング詐欺とは~】
こんなメールが届いたことはありませんか。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
~システム変更の通知とそれに伴う作業について~
 平素からA銀行のオンラインバンクをご利用いただきありがとうございます。
 平成xx年xx月xx日から弊社のオンラインバンクシステムが変更されることに伴い、
 お客様にはお手数かけますが、下記弊社のホームページに入り、口座番号・暗証番号を
 入力していただくことをお願いします。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
実はこのメールは、実在する企業の名を騙り不正に個人情報を入手する、フィッシング詐欺と言われるネット犯罪の手口の一例です。
フィッシングとは、このように偽のメールやwebサイトを用意して消費者がこれに引っかかるのを待つことを魚釣りになぞらえた、ネット上の隠語です。

■被害の増加
経済産業省が支援しているフィッシング対策協議会によれば、フィッシング詐欺被害の届け出件数は平成24年度の828件から平成25年度15,171件となり、対前年度で約17倍以上と増加の一途をたどっています。また、被害が増加している原因の一つとして、人気のSNSやオンラインゲーム、オークションサイトなどの利用者が狙われていることが挙げられます。

■フィッシング詐欺の手口
代表的な手口としては、冒頭にもあるようなシステムの変更や登録情報の確認などの名目で、メールに記載されたURLから偽のwebサイトに誘導し、IDやパスワード、口座番号や暗証番号、クレジットカード番号などの個人情報を入力させるというものです。最近では、メールに添付したファイルにウイルスを仕込み、ファイルを開くとパソコンやスマートフォンの中に保存されている個人情報を悪意のある第三者へ転送する仕組みなど、手口が巧妙化しています。

■被害に遭わないようにするには
企業が個人情報などの重要な情報の更新をメールで催促することは、ほぼありません。
また、日頃から以下の点について気を付けるようにしましょう。

・電子メール内に記載されているURLをむやみにクリックしない
・パスワードは推測されないよう工夫し、定期的に変更する
オンラインバンクの取引履歴やSNSのログイン履歴は定期的に確認する
・セキュリティソフトを導入する

とはいえ、フィッシング詐欺の手口は年々巧妙化し、インターネットを使い始めた児童生徒はもちろん、大人でさえも偽物と見抜くのは難しくなっているのが現状です。もし、不正出金や不正利用などの被害に遭ってしまった場合、契約しているクレジットカード会社や銀行などへ連絡し、パスワードの変更やサービスの利用停止について相談してください。あわせて、最寄りの消費生活センターや警察署に相談すると良いでしょう。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

埼玉県ネットトラブル注意報 第8号

埼玉県教育委員会より以下のとおり通知がありましたので掲載します。

◆埼玉県ネットトラブル注意報 第8号

【他者を誹謗(ひぼう)中傷する書き込み】
平成26年度に総務省情報通信政策研究所が行なった、高校生のスマートフォン・アプリ利用のアンケートで対象となった高校生の9割が、ソーシャルメディアを利用しているとの結果が発表されました。多くの子供たちはソーシャルメディアを通して、コミュニケーションをとったり、情報交換をしたりと、様々な書き込みをしているようです。その中には相手をおとしめ、傷つけてしまいかねない表現をしてしまう、いわゆる他者を誹謗中傷する書き込みがあり、問題となっています。

■インターネットの誹謗中傷による事件の例
インターネットは、お互いに顔を見ることができないため、面と向かっては言いにくい言葉も簡単に書き込めてしまうことがあります。それは、他者を誹謗中傷する書き込みに対しても言えることであり、実際にインターネット上で相手を中傷する書き込みをしたため、訴えを起こされ、名誉毀損として損害賠償の支払いにまで発展したケースもあります
このように、インターネット上の書き込みであっても、他人をおとしめる書き込みは、名誉毀損罪や侮辱罪等に問われる可能性があります。

■インターネットで発言をする前に
インターネット上の書き込みは、対面で話をする状況とは異なり、声のイントネーションや表情による感情表現が伝わらないため、たとえ気の知れた相手への投稿や、冗談のつもりであっても、読み手が冗談と解釈してくれるとは限りません。自分ではささいなことを書き込んだつもりでも、相手の受け止め方次第では、大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。
児童生徒には、書かれた相手がどのように受け止めるかを考える「思いやりの心」と、送信する前に改めてその書き込みを読み返す「基本的な技術」が必要であることを教えることが大切です。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

埼玉県ネットトラブル注意報 第7号

埼玉県教育委員会より以下のとおり通知がありましたので掲載します。

◆埼玉県ネットトラブル注意報 第7号

 【インターネットを使った犯行予告の書き込み】
 平成26年9月に埼玉県警から県内のサイバー犯罪について、インターネット上の犯行予告に関する件数が計121件(前年比3.6倍)に増加したとの発表がありました。

 過去の例では、自衛隊施設に対する爆破予告をインターネットに書き込んだ中学生が“偽計業務妨害”の疑いで補導されてしまうなど、児童生徒が加害者として係わってしまうケースもありました。
 インターネットを利用した犯行予告の書き込みは、児童生徒への指導が必要な事案の一つになったと言えるでしょう。

 ■書き込みの影響と、匿名の誤解
 児童生徒が犯行予告を書き込んでしまう要因の一つに、犯罪意識の薄さが挙げられます。爆破や殺害予告は、周辺住民や警察なども巻き込んだ大騒ぎとなり、刑事又は民事事件ともなり得てしまうのですが、書き込んだ本人は、注目を集める為の話題づくりや悪戯心で投稿し、犯行予告は犯罪であるとの思いに至らないケースもあるようです。

 また、もう一つの要因として、掲示板を初めとするインターネットの投稿サイトは、ハンドルネームと呼ばれる偽名や匿名で投稿できるものが多い為、“投稿者が誰かは特定されないもの”と誤解している点も挙げられます。

 ■児童生徒と共に知っておくべきこと
 インターネットが児童生徒にとっても日常的なツールとして急速に普及した昨今、その利便性と共に、不用意な書き込みは違法行為にも発展し“社会に対して多大な影響を与える”というインターネットの影響力を正しく理解する事が、これら犯行予告行為の自制を促す防止策として有効です。

 特にインターネットへの書き込みは、表面上の匿名性から誰が書いたか分からないようにも見えますが、書き込んだ『日時』や『発信元』、更に『位置情報』などはプロバイダや通信事業者のシステム上に記録されるように作られています。スマートフォンからの書き込みも例外ではないのですが、それらは児童生徒に限らずあまり知られておりません。

 警察などの公的な捜査機関は、捜査の際にこれらの記録を参考にできる為、容易に犯人を特定できるという事実を知る事で、犯罪となり得る犯行予告の書き込み行為を防げるのではないかと考えられます。

 ■リスクと共に正しい理解を得ることが肝要
 インターネットへの犯行予告は、対象者のみならず関係各所を巻き込んだ大事件となり、書き込みをした本人の将来にも取り返しが付かない悪影響を与える可能性さえあります。
 児童生徒への指導においては、犯行予告等の不適切な書き込みを行わないように、前述のような危険性や事実と共に、その特性と影響力を正しく理解させる事が肝要です。

 埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

体育祭の通知について

本日、担任を通じて体育祭の御案内を配布しました。

配布文書は → 
体育祭通知.pdf


また、2学年には「進路講演会並びに修学旅行・野外活動実習説明会の開催についてのお知らせ」を配布しました。
詳しくは → 
2学年 のページをご覧ください。

埼玉県ネットトラブル注意報 第5号(配信メールより)

本日、大宮東配信メールで以下のメールを配信しましたので、お知らせします。大宮東配信メールについては、上記「配信メールについて」をご覧いただき、ご不明な点は、本校までお問い合わせください。

件名 『埼玉県ネットトラブル注意報 第5号』
本文:
 埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================
【不適切な書き込み】
 インターネットの利用において生徒は、友人や知人に悪ふざけの自慢や話題提供をしたいという気持ちから、飲酒・喫煙を行っている様子や、公共の場での悪ふざけの写真などをインターネット上に公開することがあります。しかし、このような書き込みは社会的に大きな騒ぎに発展し、当該生徒の将来に悪影響を及ぼすこともあります。

■不適切な行為を書き込んだことによるトラブル
 生徒は、「自分の投稿を友人や知人以外の人物が見るわけがない」、「インターネットは匿名性があり、投稿者を特定することは出来ない」と誤解をしていることがあるようです。しかし、インターネット上の書き込みは誰でも見ることができます。また、Twitterなどのプロフィール欄の情報や過去の書き込みなどをつなぎ合わせることで、投稿者が特定されることもあります。(犯罪予告などの書き込みの場合には、警察が捜査を行うこともあります。)
 実際、昨年は高校生がコンビニエンスストアのアイスの冷凍庫に入り込んだ写真を、Twitter (ツイッター)に公開したところ、掲示板サイト上で騒ぎになり、投稿者の氏名や学校名などが特定されるということがありました。さらに、書き込みの内容や写真と共に、個人情報がコピーされ、インターネット上に広められてしまいました。その結果、書き込んだ本人だけではなく、学校や被害を受けたコンビニエンスストアにまで「不衛生だ」といった非難や苦情が相次いで寄せられることとなりました。その為、この店舗では商品の廃棄や冷凍庫の交換などの対応を要することになり、損害賠償請求の話がでる事態にまで発展してしまいました。
 この事例では書き込みの内容がコピーされ、インターネット上に広められましたが、このような場合書き込みをすべて発見し、削除することは非常に困難です。また、書き込みを見つけたとしても、運営者に削除要請を拒否されることもあります。
 このようにして、問題の書き込みがインターネット上に残り続けてしまうと、入試や就職の際に採用担当の目に留まってしまうなど、自身の将来に悪影響を及ぼす可能性があります。
 生徒には、書き込みは友人や知人だけでなく、自分の知らない多くの人が見ることができるということ、プロフィール欄や過去の書き込みなどから投稿者が特定されてしまう場合があるということを理解させることが重要です。また、軽い気持ちで投稿した1つの書き込みが、将来にまで影響を及ぼすかもしれないということを認識させることも大切です。

 埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

野球部 準決勝応援について

準決勝7月26日(土)12:30より県営大宮公園球場で春日部共栄高校と対戦となります。
応援は選手にとって大きな力となります。生徒の皆さんは必ず球場に来て応援してください。
みんなで校歌を歌い、一致団結して応援しましょう!
当日の集合時刻等については、以下の通りです。

集合時刻 午前11時30分 応援団と一緒に団体入場の場合のみ無料となります。集合時刻には遅れないように
場所    県営大宮公園球場NACK5スタジアムそば
服装    制服(原則)  ただし、部活動単位で参加する場合は、顧問の先生の指示に従う
その他   水やお茶など多めに持参し、各自熱中症対策を十分に行ってください。

野球部 準々決勝応援について

野球部6回戦(準々決勝)は7月24日(木)12:30より市営大宮球場で蕨高校と対戦となります。
応援は選手にとって大きな力となります。できるだけ多くの生徒が球場で応援してください。
時間のある人はぜひ応援をよろしくお願いします。 みんなで校歌を歌い、大声で応援しましょう!
当日の集合時刻等については、以下の通りです。

集合時刻 午前11時30分 応援団と一緒に団体入場の場合のみ無料となります。集合時刻には遅れないように
場所    市営大宮球場大和田プールそば
服装    制服(原則)  ただし、部活動単位で参加する場合は、顧問の先生の指示に従う
その他   水やお茶など多めに持参し、各自熱中症対策を十分に行ってください。

野球部5回戦応援について

全国高校野球選手権埼玉大会5回戦(ベスト8決め)は、7月22日(火)午前10時より上尾市民球場で南稜高校と対戦します。
応援は選手にとって大きな力となります。できるだけ多くの生徒に球場で応援してほしいと考えています。
時間のある人はぜひ応援をよろしくお願いします。 みんなで校歌を歌いましょう!
当日の集合時刻等については、以下の通りです。

集合時刻 午前9時  応援団と一緒に団体入場の場合のみ無料となります。集合時刻には遅れないように
場所    上尾市民球場正面玄関付近
服装    制服(原則)  ただし、部活動単位で参加する場合は、顧問の先生の指示に従う
その他   水やお茶など多めに持参し、各自熱中症対策を十分に行ってください。

いよいよ6月

まもなく6月となりますが、関東大会出場の女子バレーボール部、男子体操部、柔道部女子がこの週末に試合があります。精一杯がんばって良い結果を残して欲しいと思います。
本校は、6月1日が更衣となり、夏服で登校することとなっています。今年は1日は日曜日ですが、部活動等で登校する際にも、決められた夏用の制服で登校するようにしてください。
6月に入ると、1年生は集団宿泊研修があったり、面談週間が始まったりします。授業時間が短縮となりますが、放課後の時間を有効に使うようにしてください。
この機会に学校生活のことや将来のことなどを御家庭でじっくりと話し合って欲しいと思います。

平成25年度学校自己評価アンケート(保護者用)

学校自己評価アンケートを今年度もよろしくお願いします。
既に生徒を通してHR担任より配布されていると思いますが、12月20日(金)が提出〆切となっていますので、まだの方は提出をお願いします。
 
※マークカードについても既に配布済みですが、必要な方は担任まで御連絡ください。

後期教育実習終了

後期の教育実習生(本校卒業生)が4週間の実習を終え本日最終日となりました。
これからも良い教員を目指して勉強をがんばってください。

2学期期末考査時間割

12月10日(火)から行われる2学期の期末考査時間割を掲載します。
学習計画表を完成させ、計画的に学習をするようにしてください。
まだ2週間余りありますが、その間には2年の修学旅行・野外活動をはじめ、各学年とも様々な行事がありますので、早めに準備をするようにしましょう。

学びあい事業(普通科)

普通科の2・3年生の希望者28名がさいたま市立大谷小学校に訪問しました。
1クラスに1名の大宮東高校生がお伺いして、先生の授業の補助をしたり、休み時間や給食など一緒に一日すごしました。
早朝に小学校に集合してから学校に帰ってきて事後指導まで、本当によく実施しました。
大宮東高校に戻って事後学習 ↓

体育祭予行

明日の体育祭に向けて予行及び予選が行われました。
自校体操・諸注意の後、女子の集団演技や男子組体操の予行を実施。その後、明日の体育祭での決勝戦に向けて男女100m、男女200m、綱引きの予選を実施しました。
  体育祭プログラムは → 第34回 体育祭 プログラム.pdf
 
  
自校体操です。今日は台風24号の影響か風が大変に強いです。
この後は、100m・200m予選
予選最後は、クラス対抗の綱引きで盛り上がりました。

第34回 体育祭

第34回体育祭が、10月10日(木)に本校グランドで開催されます。プログラム及び予定時間を掲載しましたので、ご覧ください。
 
また、10月9日(水)には予行が行われ、一部の種目の予選などが実施される予定となっています。
なお、天候等による日程変更等については、こちらのHP及び大宮東配信メールにて連絡をします。

第34回 青龍祭の御案内

青龍祭(文化祭)が、9月6日(金)7日(土)に行われます。
生徒を通して御案内(通知)を配布しました。
また、大宮東配信メールにて同様の内容で『文化祭のご案内』を配信しております。
配信メール未登録の保護者の方は、この機会に登録をお願いします。
登録については、本校教頭までお問い合わせください。

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)について

大宮東配信メールより
本日19時過ぎに以下のメールを配信しました。
まだ登録していない関係者は、この機会に登録をお願いします。
 
件名:全国高等学校総合体育大会(インターハイ)について

以下本文です。
 
 7月28日(日)からインターハイが北部九州地区で開催されます。
 本校が出場する競技及び会場等は以下のとおりです。
(トーナメント形式の場合は、初戦のみ記載しています。)

体操部(男子) 
佐賀県総合体育館大競技場
予選演技 29日(月) 14:10~
決勝演技 30日(火)

弓道部(男子)
北九州市西日本総合展示場特設弓道場
予選   8月1日(木) 11:50~
準決勝  8月1日(木)        14:50~
決勝   8月2日(金)
 
バドミントン部(女子)
・学校対抗
 8月7日(水) 9:30~ 北九州市立総合体育館
 1回戦 対新潟青陵(新潟)
 8月8日(木) 9:30~ 北九州市立総合体育館
 準々決勝~決勝 
・ダブルス  
 8月9日(金) 北九州市立総合体育館(準々決勝まで)
 2回戦 対松商学園(長野)と高知中央(高知)の勝者
 8月11日(日) 9:00~ 北九州市立総合体育館
 準決勝・決勝 
・シングルス
 8月10日(土) 北九州メディアドーム(準々決勝まで)
 2回戦 対鹿児島女子(鹿児島)と城東(徳島)の勝者
 8月11日(日) 9:00~ 北九州市立総合体育館
 準決勝・決勝 

皆様の応援をよろしくお願いします。
(日程等の詳細については、高校総体のホームページなどでご確認ください。)

  → 高校総体の公式HP

大宮東配信メールより

本日18時15分過ぎに以下のメールを配信しました。
まだ登録していない関係者は、この機会に登録をお願いします。
登録方法は、学校までお問い合わせください。
件名:運動部の活動について
本文:
  運動部の活動に関するお知らせです。
 各競技のインターハイ県予選がおおむね終了しました。
 本校は、バドミントン部女子(団体、シングルス、ダブルス)、体操部男子(個人)、弓道部男子(個人)が北部九州地区で行われるインターハイの出場権を獲得しました。
 また、水泳部女子が200mバタフライ、400mリレー及び400mメドレーリレーで、インターハイ予選を兼ねる関東大会の出場権を獲得しました。
 競技日程などについては、改めてお知らせします。 
 引き続き皆様の応援をよろしくお願いします。

大宮東配信メールより

本日18時過ぎに以下のメールを配信しました。
まだ登録していない関係者は、この機会に登録をお願いします。
登録方法は、学校までお問い合わせください。 
 
 
件名:関東大会について(その3)
 
本文:
 
 6月14日(金)~17日(月)に本校が出場する競技及び会場は以下のとおりです。

陸上部(男子)
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

15日(土) 
12:20
 400mH 予選
15:45
 400mH 決勝

16日(日)
16:30
 4×400m 予選

17日(月)
15:30
 4×400m 決勝
  
皆様の応援をよろしくお願いします。
(日程等の詳細については、高体連専門部のホームページなどでご確認ください。)

大宮東配信メールより 【不審者情報】

本日16時過ぎに以下のメールを配信しました。
特に登下校には十分に注意をするようにしてください。
 
件名:不審者情報
 
 
本文:
 学校の南側の農道付近で、白昼、下校途中の女子生徒の通行を故意に妨害するなどの不審者情報があり、警察に対応を依頼しました。
 昼夜にかかわらず、人どおりの多い道を可能な限り複数で登下校するなど、十分に気をつけてください。また、危険を感じたら、直ちに110番通報するなどの対応を心がけてください。

面談週間

2・3年生は6月5日より面談週間が始まりました。
日頃のお子様の様子の情報交換をして、より効果的な教育が出来るよう御協力ください。
なお、3Fの物理室で、昨年度の修学旅行と野外実習の様子をDVD放映をしております。
待ち時間など是非お立ち寄りください。

大宮東配信メールより

本日18時過ぎに以下の内容でメールを配信しました。
登録されていない保護者や学校関係者の方は、この機会に登録をお願いします。
 
件名:関東大会について(その2)
 
 6月8日(土)~9日(日)に本校が出場する競技及び会場は以下のとおりです。
(トーナメント形式の場合は、初戦のみ記載しています。)

バスケット部(女子)
東京体育館
8日(土) 14:30~
1回戦  対市立船橋高校(千葉)

剣道部(男子)
越谷市立総合体育館
8日(土) 9:35~
予選リーグ
 対桐蔭学園(神奈川)
 対郁文館高校(東京)
  
皆様の応援をよろしくお願いします。
(日程等の詳細については、開催県の高体連各専門部のホームページなどでご確認ください。)

大宮東配信メールより

本日18:00過ぎに以下のメールを配信しました。
 
件名:開校記念日について
 
 明日、6月2日は、本校の開校記念日です。
 昭和55(1980)年6月2日に、当時の大宮市民会館(現さいたま市民会館おおみや)で開校記念式典を挙行したことにちなんで、この日を開校記念日としたものです。
 開校34年目を迎える本校生徒の一層の活躍を期待します。
保護者の皆様からも、御指導・御支援くださるようお願いいたします。

大宮東配信メールより

本日18時過ぎ登録者に以下のメールを配信しました。
まだ登録されていない大宮東高校関係者は、この機会に登録をお願いします。
 
件名:関東大会について(その1)
 
 今週末から関東大会が始まります。
 6月1日(土)~2日(日)に本校が出場する競技及び会場は以下のとおりです。(トーナメント形式の場合は、初戦のみ記載しています。)

バドミントン部
茨城県ひたちなか市総合体育館
1日(土) 9:30~
男子 1回戦 対川和高校(神奈川)
女子 2回戦 対片倉高校(東京)・土浦第三高校(茨城)の勝者

柔道部(女子)
山梨県甲府市小瀬スポーツ公園武道館
1日(土) 11:45~
1回戦 対総和高校(茨城) 

体操部(男子)
山梨県甲府市緑が丘スポーツ公園体育館
1日(土) 12:50~
 
 皆様の応援をよろしくお願いします。
(日程等の詳細については、開催県の高体連各専門部のホームページなどでご確認ください。)

大宮東配信メール より

大宮東配信メール登録者には、5/9 17:00過ぎに以下のメールを配信しました。
 
件名:運動部の活動について
 
 運動部の活動に関するお知らせです。
現在、各種目で関東大会県予選が行われています。
 本日現在、バドミントン部男子、バドミントン部女子、剣道部男子、体操部男子、柔道部女子が、関東大会出場権を獲得しています。
 今後予選が行われる競技についても活躍が期待されます。
 また、すでにインターハイ予選が始まっている競技もあります。
 引き続き皆様の応援をよろしくお願いします。

「彩の国教育の日」の公開授業の御案内

「彩の国教育の日」の公開授業の御案内を過日生徒を通じて配布しました。
 
その中で、間違いがありましたので訂正して掲載しました。
 
 
なお、間違い箇所は
6 その他 の部分に2学年の授業が5時間目までで放課の記載がありましたが、平常どおり6時間目まで授業があります。
 
本日(11/2)の帰りのSHRで担任より生徒に訂正をしました。
 
ちなみに、授業公開や2学年の保護者会に関する変更や訂正はございません。 
 

体育祭を実施します

グランドコンディション不良などのために順延となっていましたが、本日(10/2)体育祭を実施します。
開会式は、9時10分開始の予定です。

体育祭について

体育祭を明日、10月2日(火)に実施する予定です。
そのため、本日(10/1)は40分×6授業とし、放課後に体育祭の準備を行うこととしました。