大宮東高校の出来事

出来事

12/6 中学生の皆さんへ(学校説明会の御案内)

 来週12月15日(土)、第5回学校説明会を実施します。本校の概要説明のほか、入試の詳細や体育科実技検査についての説明も行います。また、「平成31年度生徒募集要項」ができあがりましたので配布いたします。ぜひ、お越しください。
 全体説明会の後、部活動体験・部活動見学・説明会が実施されます。当日の各部活動の活動予定、体験に必要な用具等について確認してください。
 なお、部活動体験に参加する場合には保護者同伴の上、「参加承諾書」が必要となります。
 また、全体説明会終了後、個別相談コーナーを設けます。志望校選びや高校生活等について質問のある方はご利用ください。
    詳しくは → こちら

    部活動体験の様子(ほんの一部です)(写真は昨年のものです) 
  
                           野球部
  
                          サッカー部
                                              
           剣道部                          陸上競技部
  
         男子バレーボール部                女子バレーボール部
  
        男子バスケットボール部                 ソフトボール部
   
          男子テニス部                        体操部

11/29・11/30 大宮共立病院で体育科1年生がボランティア

   県の指定事業である「ボランティアチャレンジプロジェクト」の取組として、2日間にわたり1年生・体育科生徒80人が大宮共立病院とその関連の福祉施設でボランティアを行いました。
   病院や老人ホームでは車いすの手入れや窓ふき、庭の落ち葉掃き等の清掃を中心に行いました。高齢者ケアセンターでは、自己紹介の後、お年寄りとのレクリェーションや会話を通してコミュニケーションを図りました。
   お年寄りとのコミュニケーションでは、生徒から積極的に話しかけ、お年寄りとの会話が弾む場面が見られたり、孫と同じ年齢層の生徒に対し、お年寄りから積極的に笑顔で質問を受けている生徒もいました。
 

         
 
        

        

   体育科の生徒は毎年約半数の生徒が、看護・医療・スポーツ・教育系の学校へ進学しており、看護師や理学療法士として活躍している卒業生もたくさんいます。今回のボランティア経験が、将来の職業選択の幅を広げるきっかけとなれば幸いです。

11/21(水)ふれあい体験~大谷小学校との交流~

   県の指定事業でもある「ふれあい体験」の活動として、2・3年の普通科の生徒37名が1日、さいたま市立大谷小学生の児童と交流を行いました。朝の会で自己紹介をした後、各クラスに一人づつ本校生徒が配置され、授業補助と持久走大会のアシスタント等を行いました。持久走大会では、児童の伴走を行う生徒もおり、昼休みには、校庭でたくさんの児童に囲まれながら一生懸命遊びました。

   今回参加した生徒は将来、保育士や小・中学校の先生になることを希望する生徒も多く、進路を考える上でも大変貴重な経験となりました。

    

    

11/17(土)大谷小学校・ふれあいフェスタ

大谷小学校のPTA主催の文化祭「ふれあいフェスタ」に、本校のソングリーディング部が
ボランティア出演しました。地域の子ども達のための交流イベントで、近隣中学校の吹奏楽
部他、様々な演奏や遊びが行われました。ソングリーディング部の出演時は、こども達が前
面に陣取り、食い入るように華麗なる演技を見、こども達から拍手喝采を受けました。地域
の人たちに、大宮東高校の生徒の活動を知ってもらう、よい機会にもなり、地域貢献として
も貴重な経験となりました。

 
    

11/13(火)ふれあい体験~小学生との交流~

県の指定事業でもある「ふれあい体験」の活動として、3年・体育科生徒が、1日小学生と交流を行いました。8組の生徒は、七里小学校を訪問。1クラスに3名程度の本校生徒が担当となり、児童と交流を行いました。1校時は各学級で自己紹介等、2校時は体育館で全校生徒との交流活動。
その後学習指導補助や給食・昼休みの児童との遊び等を行いました。交流活動では、各部活の生徒から、ダンクシュートや変化球サーブ、自校体操等、「高校生のすごい所」を見せ、小学生から喝采を浴びました。

 

 


7組の生徒は、大砂土小学校を訪問。当日行われた持久走大会の補助と学習指導の補助を行いました。持久走大会では、走路の確保や励ましを行いました。遅くとも一生懸命走っている児童に付き添って走る東高生の姿も見られました。給食では児童と一緒のテーブルで「お兄さん・お姉さん」として仲良くお話をしながら食事をしました。

 

 


生徒の感想も「心が幸せになった」、「素直な心や温かい気持に触れ、自分が忘れていたものに気づかされた」、「勉強も遊びもお話しするのもすべてが一生懸命でとても感動した」、「一人一人が個性豊かでとっても元気で私まで元気になった」「できないことに最後まで一生懸命やる姿がかっこよく自分も頑張ろうと思った」、「とにかく今日という日一日が本当に忘れられない1日となりました」等、皆大変良かったと書いていました。小学校の生徒も大変喜んでいましたが、東高生徒にとっても非常に貴重な体験で成長の糧となる交流となりました。