体育科の出来事

11/27 2年野外活動(ダイビング)実習(体育科)⑥

実習2日目。海での実習が無事終了しました。

「ゴリラチョップ」と呼ばれるポイントでの実習。天気と海のコンディションも終日良好でした。

熟練のインストラクターからの的確な指導を受けながら、ダイビングの技術と心構えを学習。

講習を終え、海から上がってくる生徒の顔は皆、笑顔。

素晴らしい環境の中、良い時間が流れています。

明日からは深場での実習がスタートします。

今のところ、ケガ・体調不良の生徒は皆無。

順調な時こそ、気を引き締めて、今日の復習と明日への最高の準備を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/27 スポーツ医学検定(体育科)

一般社団法人日本スポーツ医学検定機構と、高等学校では全国初となるパートナー締結をしました。

体育・スポーツの専門家として、身体やケガの正しい知識を学習することは必須事項。
競技力向上、身体づくり、ケガからの回復に大きなアドバンテージを得ることができます。また、自らのキャリアを考える上でも良い機会となりそうです。

本校では12月に2年生と3年生が、スポーツ医学検定2級と3級にチャレンジします。
スポーツ医学検定に関する詳しいことは、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構のHPならびにFacebookをご覧ください。(Facebookでは、本校の紹介をしていただいています。)

9/26 2年生ダイビング実習(スポーツⅤ)に向けた学習スタート

本校体育科では、スポーツVとして1年生と3年生がスキー野外実習(新潟)、2年生がダイビング野外実習(沖縄)を行っています。

2年生は11月26日から実施される4泊5日の沖縄での実技講習に向け、座学の学習が始まりました。
インストラクターの指導の下、ダイビングに必要な知識を専門的に学習しています。
学科および実技で十分な成果を残すことができれば、PADIオープンウォーターダイバーのCカードを取得できます。

体育・スポーツに関する資格を多く取得できるのも本校体育科の特徴。
豊かな経験と確かな知識を持った体育・スポーツリーダーを育成しています。

5/8 スポーツテスト(体育科)

本校体育科では「目指す体育科像」として、『1.社会に貢献できる人間の育成 2.競技力の向上 3.指導者の育成』の3項目を掲げています。

5/8に実施された全校一斉でのスポーツテストでは、「3.指導者の育成」の一環として、各測定種目の測定方法と注意事項の説明等を行い、集団に対する運動指導を学習しました。
生徒は、小グループで対話しながら、説明内容や集団コントロールのプランニング、安全管理、実施後のフィードバックと修正を繰り返しながら、指導の質を高めていきました。

最初は緊張しながら運動指導をしていた体育科生ですが、最後は堂々と指導できるまでになりました。

4/17 体育科対面式(体育科)

4月17日に体育科対面式が行われました。

1年生を本校体育科生として迎え入れる大切な式です。
始めに、2、3年生による自校体操の披露が行われました。
緊張感ある中、力強さとしなやかさ、そして一体感のある素晴らしい体操でした。
その後、校長先生より激励の言葉、新入生代表の決意表明、在校生代表の歓迎の言葉、体育科教員紹介と続きました。

本校体育科が目指す体育科像である「①社会に貢献できる人間を目指す②競技力向上③指導者を目指す」が体現できるよう、体育・スポーツを専門的に学ぶ誇りと自覚をもって努力を重ねてほしいです。

頑張れ!大宮東体育科生。