連絡

埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年9月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

◆埼玉県ネットトラブル注意

 平成289月号「著作権侵害について知っておきたいこと」

 インターネットが利用できる機器は、パソコンだけでなくスマートフォンにまで拡大し、SNS等による情報発信の機会が増えました。好きな音楽や面白い動画をSNSに投稿することが習慣になっている人もいます。しかし、雑誌の記事やテレビ番組、CDやDVDの音楽や映像には、著作権があります。今回は、気づかないうちに著作権を侵害してしまわないように、注意すべきポイントについてお伝えします。

 

■著作権侵害に該当する行為について

 漫画、音楽作品、映画などには、その作品を作った人に著作権があります。これを著作者に無断でコピーし、ネット上に投稿したり、友達に送信したりすることは、著作権侵害にあたります。

 例えば、好きな芸能人の画像や漫画のキャラクターのイラストを、SNSのプロフィール画像として使用したり、カラオケ店でのカラオケの音源や映像そのものを、ネット上に投稿したりする行為も著作権侵害にあたる可能性があります。

■著作権侵害は犯罪です

 無断で漫画雑誌の誌面を写真撮影してネット上の動画サイトに投稿し、不特定多数に閲覧させた疑いで中学生が逮捕された事件がありました。

 また、漫画、CDDVDなどの映像や音源をコピーしてサイト上に投稿するだけでなく、映像や音源が違法にネット上に投稿されているものと知りながら、ダウンロードすることも著作権侵害になるので絶対にやめましょう。

■気を付けたいポイント

 スマートフォンのアプリケーション(以下アプリ)の中には、無料で音楽をダウンロードできると紹介されているものがあります。しかし、これらは違法に音楽をダウンロードするアプリの可能性があります。

 サービスを提供しているアプリに「JASRAC許諾番号」が記載されているか(日本の音楽の著作権を管理している団体「JASRAC」の許可を得ているか)を確認すると良いでしょう。

 携帯電話やスマートフォンが高性能化し、録音や録画が簡単にできるようになりましたが、自分が録音、録画したものをネット上に投稿する前に、著作権の侵害になるかどうかを確認する習慣を是非身に付けてください。


埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

 

 

 

埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年8月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年8月号「ネットゲームによるトラブルについて」

 

 家庭用ゲーム機やパソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォンで、いつでも、どこでもネットゲームを楽しむことが出来るようになりました。外出先や移動中にネットゲームをすることによるトラブルや、ゲームを長時間するようになってしまうなどの影響がでています。

 みなさんの中にも、ネットゲームに熱中するあまり、夜遅くまで遊んでしまう人や、歩きスマホをしていて危ない思いをした人がいるかもしれません。

 今回は、ネットゲームにおけるトラブルについて紹介します。この話を参考にして、ネットゲームとの正しい付き合い方について考えてもらいたいと思います。

■「歩きスマホ」や「~ながらスマホ」の危険性

 先般、位置情報を活用したスマートフォンゲームが配信され、日本各地で「~ながらスマホ」による事故の発生が報告されています。ゲームをしながらの「歩きスマホ」や自転車や自動車運転中の「~ながらスマホ」による交通事故はもちろん、路上でのひったくり被害や不審者被害も報告されています。また、深夜にゲームをしながら街を歩くことで、深夜徘徊で児童生徒が補導されるといったことも発生しています。

■公共の場での利用に注意

 スマートフォンを人に向けてゲームをしてしまい、盗撮を疑われたり、進入禁止の場所でゲームをしたりするなどのトラブルが報告されています。電車内等の公共の場では、周りの状況をよく確認し、他人に迷惑をかける恐れがないか確認する必要があります。マナーを守った利用を行ってください。

■課金トラブル

 ネットゲームには、ゲーム内で使用するアイテムを購入できるものがあります。支払の方法は、クレジットカードやプリペイドカードによるものなどがあります。クレジットカードや電話料金合算払いは、後の請求となるため、気づかないうちに請求が高額となる可能性があります。アイテムを購入する場合には、保護者に事前に相談するなど、トラブルを避けるための事前のルールづくりが大切です。

■ネットゲームのトラブル

 ネットゲームの中にはアイテムを交換したり、プレイヤー同士が会話したりすることができるものがあります。アイテム交換を持ち掛けられ、結果として詐欺等の被害にあうケースがあります。ゲーム内で知りあう人の中には、悪意を持って接触してくる人もいます。安易にメールアドレスや電話番号などの個人情報を相手に伝えることは避ける必要があります。

■ネットゲームはネット依存の入り口

 ゲームを有利に進めようとすると、つい長時間プレイしてしまいます。また、ゲームによっては利用者が午後11時から午前2時頃に最も多く、利用する時間が深夜になるものもあります。ゲームに熱中するあまり睡眠不足や昼夜逆転の生活になることやゲームで知り合った人物とのトラブルで実生活に悪影響があってはいけません。

 ゲームを含むネットの利用について、使用する時間や場所を家族で話し合い、ルールを決めて、そのルールを守ることが大切です。

                                                                 埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

スマートフォンを使ったゲームの利用について

過日、スマートフォンのゲーム「ポケモンGO」の配信が開始されたことに伴い、内閣サイバーセキュリティセンターより交通安全、危険行為防止等の観点から、広くゲームをする際の注意等が公表されました。また、県教委生徒指導課からは、生徒の健全育成や生活指導上の観点から、御留意いただきたいことが通知されました。

併せてご覧ください。
                                            → 内閣サイバーセキュリティセンターから.jpg

                                            → 県教委生徒指導課から.pdf
   

埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年7月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================
 平成28年7月号「インターネット上における拡散行為の危険性」

 インターネットでは、掲示板やブログやSNSによって、一度に多くの人に情報を発信することができ、情報を受け取った人がそれをさらに多くの人に伝えることで、短期間に情報が拡散していきます。これは、多くの人に情報を伝えたいときには、大変便利な機能ですが、使い方を誤ると危険なこともあります。今回は、このような拡散行為が招くトラブルと対策についてお伝えします。

■誤った情報が広がってしまう

 大震災の際、インターネットを利用することで、被災地の現状や必要な物資を全国に伝えられ、適切な支援に繋げることができました。しかし、一部で誤った情報や虚偽の情報が流され、それを信じた人が、心配してさらに情報を拡散したことで、被災地に不要な物資がたくさん届き、それを処理するために貴重な人手と多額の費用が必要となり、被災地に迷惑をかけることがありました。インターネット上の情報は、「いつ、どこで、誰が」発信した情報なのかを確かめ、信頼できる情報なのかを見極めることが大切です。

■拡散行為の危険性

SNSでは、他の人の書き込みをそのままの形で紹介する機能があります。面白い書き込みや気になる書き込みを見つけたとき、簡単に友達などに紹介することができるので、利用している人も多いのではないでしょうか。しかし、この行為は、罪に問われる可能性があり注意が必要です。例えば、「○○が××で逮捕された」という情報をその情報の真偽に関わらず、自分のSNSサイトで紹介した場合、名誉棄損罪等に問われる可能性があります。知人や友達からの情報だからといって、それが必ずしも事実とは限りません。また、他人の名誉や犯罪に関する情報については、拡散すべきではありません。本当にその投稿は拡散してよい内容なのか、拡散した場合にどのような影響があるのかについて、よく考えることが大切です。

■ネット上にあげる前に確認すること

これから夏季休業に入ると家族や友人との旅行などの記録や思い出の写真等を、ネット上に掲載する機会が増えるかもしれません。その際、その情報によって他人が不快に感じる可能性はないか、写真に写っている人はネット上に掲載することを承諾しているのか等について確認することが必要です。ネット上にあげた情報は拡散される危険性があります。一度、ネット上にあげた情報を完全に削除することは難しいため、安易にネット上にあげないことを心がけるとともに、送信する前に十分確認することが大切です。


埼玉県教育局県立学校部生徒指導課



埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年6月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

  平成28年6月号「外出先の無線LAN接続による危険性と対策」

 無線LANとは、無線でネットワークに接続する通信システムのことです。街中では、無料で無線LANに接続できるアクセスポイントも多くあり、簡単にインターネットに接続することが可能なため、利用する機会も多いと思いますが、接続することによりトラブルが生じることもあります。そこで、今回は外出先で無線LANに接続することの危険性とその対策についてお伝えします。

■個人情報の窃取

 公衆無線LANスポット(Wi-Fiスポット)は、携帯会社を選ばず、有料契約の必要もないため、外出先でも気軽にインターネットに接続することができます。場所によっては、スマートフォンの回線よりも快適に利用することができ、写真などのアップロードも早く、大容量のダウンロードも可能です。通信制限もかからないので、外出時にはとても便利です。

 しかし、公衆無線LANスポットは、通信が暗号化されていないものもあり、メールの内容を盗み見されたり、スマートフォンに保存していた連絡先や写真、動画などの個人情報が盗み取られてしまう危険性があります。

 インターネット上で情報を暗号化して送受信できる仕組みをSSLSecure Sockets Layerの略)と言います。これは、個人情報、クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりするためのシステムで、SSLが運用されているかどうかは、URLhttps://で始まっていること、ブラウザに鍵マークが表示されていることで確認できます。公衆無線LANスポットを利用する際は、この暗号化処理がされているかどうか確認することが重要です。また、利用しない場合はWi-Fiの設定をあらかじめ切っておくと安心でしょう。

■情報の傍受

 無線LANに接続する際、通常はパスワードの入力が必要になります。これは、無線LAN通信時に、第三者からの盗聴や盗難等を防ぐために暗号化の仕組みが使用されているためです。しかし、公衆無線LANスポットには暗号化されておらずパスワードを要求しないものもあります。そのような公衆無線LANスポットに接続してしまった場合、結果として自分のスマートフォンに他人がアクセスし、乗っ取られてしまい、知らぬ間にマイクやカメラを勝手に操作され盗聴や盗撮に使われたり、サイトにログインする際のIDやパスワードを盗み取られてしまう危険性があります。

 公衆無線LANに接続する際は、パスワード等を要求しないアクセスポイントは避けることが必要です。また、そのような公衆無線LANスポットをやむをえず利用する場合でも、個人IDやパスワードでのログインが必要なサイトは閲覧しないことが大切です。

 クレジットカード情報を盗まれたり、ウイルスファイルが自動でダウンロードされたりと、悪意のあるサイトも存在すると言われていますが、誰でも接続できるアクセスポイントを利用することで、そのようなサイトに接続してしまう危険性も高まります。誰が提供しているスポットかを確認し、提供元が不明確なものは極力接続しないようにしましょう。

<対策のポイント>

・通信が暗号化処理されているかの確認をする

・公衆無線LANスポットを利用しない時はWi-Fi設定を切る

・パスワードのないアクセスポイントは利用しない

・ログインにIDやパスワードが必要なサイトは公衆無線LAN使用時には閲覧しない

・誰が提供しているか不明なアクセスポイントには極力接続しない



埼玉県教育局県立学校部生徒指導課