保護者の方へ

連絡

埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年1月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年1月号「動画配信の危険性について」

近年、自分が撮影した動画をインターネットで配信できるサービスが人気を呼んでいます。
中には、専用の機材や特別な設定などもいらず、スマートフォンさえあれば動画配信を始
めることができるサービスもあります。そうした手軽さから、友達と遊んでいる様子や家
での日常の様子を配信する児童生徒たちも増えています。
しかし動画配信が身近なものとなった反面、問題のある動画を配信している児童生徒が増
えているのも事実です。

【過激化する動画配信】
TwitterなどのSNSで、児童生徒たちが不適切な行為に関する投稿をおこない、問題になることがありますが、動画サービスでもこうした例が出ています。
例えば、飲酒や喫煙を行っているものや、コンビニや電車内などの公共の場で友達と
ふざけて迷惑行為をしているもの、学校の授業の様子をリアルタイムで実況しながら撮影
しているものなどが配信されています。
また、自宅で入浴している様子を自ら撮影するなど、性的な要素を含む動画を配信しているケースもあります。こうした行為がエスカレートして、自ら裸を見せてしまうような児童生徒もでています。

【なぜ問題のある動画を配信するのか】
児童生徒の多くは、「いろんな人とつながりたい」「もっと多くの人に自分のことを認めてほしい」といった動機で動画配信を行っているようです。しかし、ありきたりな内容の動画を配信するだけでは、視聴者数も伸びず、コメントもあまり残してもらえない。そこで、多くの人に見てもらうために、露出を増やし、過激な行為をし、動画の内容がエスカレートしていくことがあるようです。
特に女性配信者の場合は、わいせつ目的で近づいてくる男性が少なからずいます。こうした人物とやりとりしているうちに、言葉巧みに過激な露出へと導かれ、自分の裸をリアルタイムで配信しまうケースもあります。

【問題のある動画を配信する危険性を理解させることが必要】
こうした動画が配信されると、多くの非難のコメントが集まるだけでなく、配信した動画を録画され拡散されてしまう恐れもあります。掲示板やまとめサイト※などには、不適切な動画やそれに関連した情報などが集められています。そうした中には、名前や学校名、住所などの個人情報まで特定されてしまい、動画と一緒に掲載されている児童生徒もいます。「後で消せば大丈夫だろう」と気軽に配信した動画が見知らぬ第三者に保存され、一生消えずにインターネット上に残り続けてしまう可能性があるのです。
児童生徒には、そうした事実を理解させ、問題のある動画は絶対に配信しないよう指導することが大切です。
※まとめサイトとは……特定のニュースや話題をテーマとして、それらに関連した
            インターネット上の情報を集めたサイト

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

平成27年度学校自己評価アンケート

平成27年度学校自己評価アンケート(保護者用)と回答用マークカードを本日生徒を通して配布しました。12月21日(月)までにマークカードに回答を御記入の上、担任に提出してください。
なお、マークカードに回答する際は、必ず鉛筆(シャープペン)でお願いします。ボールペンなどの一般的なインク類は不可。

埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年12月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年12月号「これからの時期に増加する傾向にある投稿について」

今年も残すところあとわずかとなりました。もうすぐ冬休みが始まります。例年この時期になると、ある投稿の検出数が増える傾向が見られます。
今回は、そんなこれからの時期に増加する投稿についてお話しします。

【飲酒・喫煙に関する投稿に注意】
冬休みはクリスマスや大晦日、お正月など楽しいイベントが盛りだくさんです。友達同士で集まってパーティーを開いたり、遊びに行ったりした様子が、SNSなどにもたくさん投稿されます。
しかし、中には、少々ハメをはずしてしまい、お酒を飲んだり煙草を吸ったりしてしまう児童生徒たちもいます。そもそも飲酒や喫煙行為自体、未成年者が行ってはならないものですが、その様子をSNSなどに書き込んでしまうこともあるのです。
実際に、昨年の冬休み期間にも、「酔っぱらった」「二日酔いできつい」といった投稿を多く検出しています。中には、友達同士で集まってお酒を飲んだり、煙草を吸ったりしている様子の写真をのせているものまでありました。
また、「飲んだ」「吸った」といった直接的な記載はないものの、背景にお酒の缶や灰皿などが写りこんでいるなど、飲酒や喫煙をしていたことが読み取れるようなものもありました。

【合格通知、内定通知の投稿も増加】
ほかにも、この時期には、合格通知や内定通知を写真に撮って載せているものもよく見られます。こうした投稿は、進路が決まった児童生徒たちが、みんなに自慢したい、祝ってほしいといった気持ちで行っているのかもしれません。
しかし、合格通知や内定通知には、氏名や進学先の学校名、学部名、内定先の企業名などが記載されています。つまりは個人情報です。
こうした書類は、手にすることができた喜びなどから、つい、個人情報という意識が弱くなってしまいがちのようです。過去の調査では、住所が記載されているタイプのものを、公開してしまっている生徒も見られました。

【改めてご指導を】
冬休みから春先にかけて、こういった投稿が増えていきます。特に飲酒・喫煙などについては、学校からの声が届きにくくなる時期に起こります。冬休みを迎える前に、改めて児童生徒に注意を呼びかけてみてください。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

新年会のご案内

12月4日付でPTA新年会のご案内を生徒を通じて配布しました。ご都合のつく方は奮って ご参加ください。
日時:平成28年1月8日(金) 
開宴:18時30分~
場所:「ワイズダイニング」(大宮駅東口より徒歩4分)

12月11日(金)までに参加申し込みをご提出ください。

 配布文書は ⇒ 新年会のご案内.pdf

埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年11月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成27年11月号「個人を特定される危険性のある情報について」

今年の2月、中学3年の男子生徒2人が、15歳の少年4人から暴行を受け怪我をさせられるという事件がありました。事の発端は、被害男子生徒2人が、加害少年らの友人が無免許でバイクを運転し死亡事故をおこした件について、Twitter上で、「悲しいとは思えない」などと書き込んだことで、その書き込みを見た加害少年4人が腹を立て、暴行を加えたようです。
後日、加害少年4人は逮捕されましたが、調べによると、加害少年4人と被害男子生徒らの間に面識はなく、書き込みの内容などから被害男子生徒らを特定し、犯行に及んだとのことです。

【SNSなどへの投稿から個人を特定することは簡単】
事例のように、SNSなどへの書き込みから、名前や学校名、顔写真、さらには居住地などの情報を集められ、個人を特定されてしまうことがあります。プロフィールに記載している個人情報はもちろんですが、学校や住んでいる地域に関する話題、写真の背景などからも、そういった情報を集めることができます。
例えば、文化祭の話題から学校名を特定されたり、投稿した写真に写りこんでいた建物の特徴などから住んでいる地域を特定されたり、友達がブログなどに載せた写真から顔を特定されたりするなど、情報を組み合わせることで個人の特定につながる場合もあるのです

【写真の位置情報で住所などを特定されることも】
ほかにも、注意しなければいけないのが、デジタル写真の位置情報です。この機能は、いつ、どこで撮影したものか、という情報がデジタル写真に付加されているもので、後から写真を見返す際に大変便利ですが、自宅で撮影した写真を、位置情報をつけたままインターネットに投稿してしまうと、閲覧した人物に住所等を知られる可能性があります。
この機能は、ほとんどのスマートフォンについており、設定によって位置情報を残さないようにすることもできます。
なかには、最初から位置情報を残す設定になっているスマートフォンもあるため、自分で設定を確認する必要があります。
また、TwitterやGoogle+などのように、写真を投稿した際、自動的に位置情報が削除される仕様になっているサイトもありますが、インターネットに投稿する際は、位置情報が残らない設定にするなど、自分で管理することが大事です。

【自分でリスクを減らすことが大切】
個人特定のリスクを減らすためには、児童生徒自身が投稿内容に気を配ることが必要になります。
名前や住所、顔写真などの、直接個人に結びつく情報以外にも、断片的な情報を組み合わせることで個人が特定される可能性もある、ということを理解し、日頃から投稿内容に個人の特定につながるものが含まれていないか確認することが大切です。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課