陸上競技部 徳島インターハイ 全てをぶつけてきました!

8月3日から7日にかけ、徳島県ポカリスエットスタジアムで開催されたインターハイ本選を戦って参りました!!

本校からは男女計6種目に出場し、以下の成績を収めることができました。 

祝 全国大会入賞種目

[女子]

・400m    山内そよ 第3位 55.26

 (予選 55.13   準決 56.14)

・4×400mR    第7位 3:51.62

 松野小梅 長島ありさ イレチュク アマカ ミラ    山内そよ

 (予選 3:50.35    準決 3:47.73)

 

その他出場種目

[女子]

・4×100mR    準決勝進出 46.91

 西田礼菜 長島ありさ 篠かれん 山内そよ

 (予選46.84)

・棒高跳 渡邊冴璃    3m50     第10位

・100m     長島ありさ   12.32(+1.5)  予選敗退

[男子]

・棒高跳 髙橋涼哉    4m70   PB        予選敗退 

 

〈女子400ⅿ決勝 ホームストレートでの優勝争い〉

  

   

     〈女子400ⅿ 表彰式と獲得メダル〉

   〈女子4×100ⅿR準決勝 1走→2走〉

   〈女子4×100ⅿR準決勝 2走→3走〉

〈女子4×400ⅿR決勝前〉 

    「最高の舞台で悔いのない走りを」

    〈出発前は全員で闘魂注入!!〉

     〈女子4×400ⅿR 表彰式〉

 終わり見えぬコロナ禍中の徳島インターハイでしたが、高校生にとって最高舞台である本大会が行われたこと、遠征メンバーが皆元気にやり切れたことを何よりも嬉しく思います。

昨年の4×100ⅿR全国4位入賞に続く今年の大勝負でしたが、万全の準備で挑んだ結果、女子400ⅿで全国3位入賞、女子4×400ⅿRでは全国7位入賞をもぎ取ることができました。決して簡単でないこの快挙は「準備が全て」という監督の言葉を信じ、ここに懸けてきた各選手の努力の結晶だと感じます。計り知れない重圧の中、持てる力を発揮してくれた選手たちは大変立派で、輝いておりました。

また、選手を後押ししてくれたサポートメンバーにも、この場を借りて賛辞を贈りたいと思います。選手のパフォーマンス向上のために、身を呈して動いてくれていた姿は「チーム力」を体現しておりました。

本校、陸上競技部を支援してくださる保護者、並びに関係者の皆様、無事にインターハイを戦い抜けたことは日頃からのご理解、お力添えのおかげです。本当にありがとうございます。この結果に慢心することなく、また次を見据えて力を高めてまいります!

   〈7泊8日、大変お世話になりました! 〉

 みどり旅館様、長い期間中栄養たっぷりの食事と、心の安らぎ、方々に渡るご配慮、本当にありがとうございました!皆様の温かさには感謝してもし切れません。またいつか、あのちらし寿司を食べに行きます…!