大宮東高校の出来事

女子栄養大学との高大連携

 大宮東高校は、今年度まで3年間文部科学省委託の「運動部活動の工夫・改善支援事業モデル校」として、女子栄養大学のご協力をいただき、生徒の栄養補給や食事の改善に関する指導をおこなってきました。栄養講習会をはじめとする特別講義や出張授業により、生徒はパフォーマンス向上と栄養の関係の理解を深め、ご家庭のご協力も得ながら充実した部活動を行うための身体作りに取り組むようになfりました。一方で大学が実施する各種の調査研究にも協力させていただいてきました。今年度でこの事業は終了いたしますが、生徒に是非とも引き続き取り組ませたいものと考え、女子栄養大学に協力をお願いしたところ、快くお引き受けいただき、次年度以降も同じ内容の取り組みが継続できることとなりました。このことについて、3月22日(水)に「女子栄養大学と埼玉県立大宮東高等学校との連携教育協定書」及び「覚書」の調印式を女子栄養大学にて行いました。学校法人香川栄養学園 女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部様と今後とも連携しながら本校生の栄養改善に一層取り組んでまいります。

 
女子栄養大学 香川明夫学長(右) 本校 坂井順司校長(左)