大宮東高校の出来事

1学期終業式

陸上部、体操部女子、バドミントン部男子、弓道部のそれぞれ表彰がありました。

結果報告会では、タイのバンコクで行われたバドミントンアジアジュニアU19選手権に出場し優勝した選手に敗退しベスト8だった女子バドミントン部及び関東大会出場の陸上部男子4×100mR、三段跳び、優勝した女子100m、女子200mと女子4×100mRの結果報告がありました。
 
壮行会では、主に8月に行われる大会について行われ、インターハイ出場の女子バドミントン部ダブルス、陸上部男子4×100mR、女子100m、関東大会出場の水泳部男子200m、国体予選出場の女子バドミントン部、関東選手権大会出場の陸上部女子4×100mR及びアルゼンチン共和国のブエノスアイレスで行われる2015年近代五種ユースA世界選手権大会出場の水泳部の宮下(1年)のそれぞれ壮行・激励を行いました。
 
終業式の校長講話では、1.成績について、2.夏休み中の目標について、3.部活動で普段出来ない練習を集中してやろうと夏休みを充実するように話がありました。

生徒指導部長講話では、先日の全校応援の生徒たちのとった行動のすばらしさをたたえるとともに、球場での態度は今までの普段の生活で培われた態度が現れたものだったので、これからも継続して行動に注意をするよう話がありました。