埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年1月号

埼玉県教育委員会から、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。
================

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年1月号「動画配信の危険性について」

近年、自分が撮影した動画をインターネットで配信できるサービスが人気を呼んでいます。
中には、専用の機材や特別な設定などもいらず、スマートフォンさえあれば動画配信を始
めることができるサービスもあります。そうした手軽さから、友達と遊んでいる様子や家
での日常の様子を配信する児童生徒たちも増えています。
しかし動画配信が身近なものとなった反面、問題のある動画を配信している児童生徒が増
えているのも事実です。

【過激化する動画配信】
TwitterなどのSNSで、児童生徒たちが不適切な行為に関する投稿をおこない、問題になることがありますが、動画サービスでもこうした例が出ています。
例えば、飲酒や喫煙を行っているものや、コンビニや電車内などの公共の場で友達と
ふざけて迷惑行為をしているもの、学校の授業の様子をリアルタイムで実況しながら撮影
しているものなどが配信されています。
また、自宅で入浴している様子を自ら撮影するなど、性的な要素を含む動画を配信しているケースもあります。こうした行為がエスカレートして、自ら裸を見せてしまうような児童生徒もでています。

【なぜ問題のある動画を配信するのか】
児童生徒の多くは、「いろんな人とつながりたい」「もっと多くの人に自分のことを認めてほしい」といった動機で動画配信を行っているようです。しかし、ありきたりな内容の動画を配信するだけでは、視聴者数も伸びず、コメントもあまり残してもらえない。そこで、多くの人に見てもらうために、露出を増やし、過激な行為をし、動画の内容がエスカレートしていくことがあるようです。
特に女性配信者の場合は、わいせつ目的で近づいてくる男性が少なからずいます。こうした人物とやりとりしているうちに、言葉巧みに過激な露出へと導かれ、自分の裸をリアルタイムで配信しまうケースもあります。

【問題のある動画を配信する危険性を理解させることが必要】
こうした動画が配信されると、多くの非難のコメントが集まるだけでなく、配信した動画を録画され拡散されてしまう恐れもあります。掲示板やまとめサイト※などには、不適切な動画やそれに関連した情報などが集められています。そうした中には、名前や学校名、住所などの個人情報まで特定されてしまい、動画と一緒に掲載されている児童生徒もいます。「後で消せば大丈夫だろう」と気軽に配信した動画が見知らぬ第三者に保存され、一生消えずにインターネット上に残り続けてしまう可能性があるのです。
児童生徒には、そうした事実を理解させ、問題のある動画は絶対に配信しないよう指導することが大切です。
※まとめサイトとは……特定のニュースや話題をテーマとして、それらに関連した
            インターネット上の情報を集めたサイト

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課