書道部・放送部の活躍 R4.11.21

 11/16(水)~20(日)の期間、埼玉県立近代美術館で「第61回高校書道展」が開催されました。埼玉県全体の書道部作品が約690点(103校)展示され、本校からは、2年生が4作品、1年生も4作品を出品し展示されました。

 本校生徒の豊かな感性で書かれた作品はもちろん、展示されているどの作品も心に訴える素晴らしい作品ばかりでした。顧問の堤先生に感謝するとともに、生徒の皆さんには、これからもそれぞれの個性と感性を磨き、奥の深い「書」の世界を楽しんでほしいと思います。

      放送部

 

 11/19(土)さいたま市文化センターにて、第42回高校放送コンクール決勝大会が行われました。本校からは3名の生徒が朗読部門の予備審査にエントリーしました。朗読部門は、埼玉県にゆかりのある作家及び作品の中から原文のまま一部を選び、約2分以内に朗読するというものだそうです。

 3名とも1年生なので、作品選定や原稿の抽出などすべてが初めての経験で大変だったと思いますが、そのような中、安藤瑠南さん(1年3組)が181名の中から27名が進んだ決勝大会に進むことができました。惜しくも入賞は逃しましたが、感情をこめて堂々と朗読する姿は実に素晴らしかったです。今後も、この貴重な経験を活かし、仲間とともに頑張ってください。

                                    学校長  上 條  岳