大宮東高校の出来事

2017年3月の記事一覧

終業式

 本日(3月24日)、無事に第3学期の終業式を行いました。1、2年生も順調に進級が決まり、成績通知表を受け取りました。1・2学期の評価と異なり、記録として残される学年末の評定をご家庭にお知らせ申し上げます。新3年生にとっては、1・2年の成績が確定し、3年次1学期の評価を仮評定として推薦入試の選考が行われます。志望校への推薦を得るために、まだまだ成績に不足がある生徒は今から予習と復習をしっかり進めてください。一般受験を考えている生徒は、コツコツと受験勉強に取り組みましょう。1年生も、将来をしっかり考えながら、日々の努力を積み重ねることが、3年生での大きな飛躍につながります。新年度を迎える準備を春休みに整えましょう。
 終業式に先立ち表彰式を行いました

 
県新人大会準優勝の女子バレー部

 
県協会会長杯ダブルス大会Bブロック優勝女子バドミントン部
 
ロードレース大会1~3位男子      同じく女子

全国大会出場のソングリーディング部壮行会

大きな声で校歌斉唱後激励のエール
 終業式ではしっかり列を整えます

定年退職をむかえられる坂井校長、最後の講話

生徒指導主任から1年の総括と春休みに向けての諸注意

本記事にて平成28年度の出来事は最終となります。
新年度もよろしくお願いします。

女子栄養大学との高大連携

 大宮東高校は、今年度まで3年間文部科学省委託の「運動部活動の工夫・改善支援事業モデル校」として、女子栄養大学のご協力をいただき、生徒の栄養補給や食事の改善に関する指導をおこなってきました。栄養講習会をはじめとする特別講義や出張授業により、生徒はパフォーマンス向上と栄養の関係の理解を深め、ご家庭のご協力も得ながら充実した部活動を行うための身体作りに取り組むようになfりました。一方で大学が実施する各種の調査研究にも協力させていただいてきました。今年度でこの事業は終了いたしますが、生徒に是非とも引き続き取り組ませたいものと考え、女子栄養大学に協力をお願いしたところ、快くお引き受けいただき、次年度以降も同じ内容の取り組みが継続できることとなりました。このことについて、3月22日(水)に「女子栄養大学と埼玉県立大宮東高等学校との連携教育協定書」及び「覚書」の調印式を女子栄養大学にて行いました。学校法人香川栄養学園 女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部様と今後とも連携しながら本校生の栄養改善に一層取り組んでまいります。

 
女子栄養大学 香川明夫学長(右) 本校 坂井順司校長(左)

 

 
 

1学年校外清掃

 本日は奉仕活動の一環として、1学年が校外清掃に出かけました。
学校の周辺に出かけて、ゴミ拾いなどを行い、日ごろお世話になっている地域の皆様に少しでも貢献できればと考えています。学校外での生徒の行動に、目の行き届かないところも多く、ご迷惑をおかけしますが、お気づきの点は学校までご連絡いただければ幸いです。今後とも、よろしくお願いします。

 

 

入学許可候補者説明会

 本日(3月21日)午後、「平成29年度入学許可候補者説明会」を実施しました。
雨天のため、駐車スペースが不足したため、ご迷惑をおかけしました。今後とも状況をご理解いただき、公共交通機関をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
 説明会では、教頭挨拶と諸連絡に続き、教務部、生徒指導部、保健関係、事務室関係など大切な事項の確認と説明を行いました。説明会前後では体育着の採寸や上履き、体育館履きの販売も行いました。
 一年の計は元旦にありといいますが、学校での元旦は4月1日になります。新年度のスタートを円滑にし、充実した高校生活をおくるためにも、提出物などしっかり準備するとともに、課題考査に向けての勉強を積み重ねておいてください。
 
  教頭挨拶                       教務部より連絡

 
  生徒指導部説明                    芸術科説明

事務室より、支援金や減免の説明

スポーツ文化講演会

 本日(3月21日)、PTAスポーツ文化委員会の皆様のご尽力で、「平成28年度 スポーツ文化講演会」を実施しました。今年度の演題は『食事が学習及び運動効果に与える影響』でした。大塚製薬株式会社より、竹下浩一さまを講師としてお招きし、食事や栄養接収がどのように学習活動や運動効果に関係し、望ましい栄養接収はどのようなものか、特に朝食にスポットをあてて講演いただきました。運動部の活動に打ち込む本校生は、この演題への関心が極めて高く、より良い練習や試合につなげるヒントを得ようと、真剣にお話に耳を傾け、ワークシートに取り組む姿が見られました。
 お骨折りいただいたPTA、渉外部の先生方に改めてお礼申し上げます。

 
  保護者の方々にもご参加をいただきました      生徒はかなり真剣です

 
  校長による講師紹介                      講師 竹下氏(大塚製薬)